RESEARCH

2023.8.29

非扁平上皮非小細胞肺癌に対するプラチナ製剤+ペメトレキセド+ペムブロリズマブ併用療法の予後を好中球リンパ球数比(NLR)で予測することに関する論文を”Thoracic Cancer”に報告しました。

論文 Using the neutrophil-to-lymphocyte ratio to predict the outcome of individuals with nonsquamous non-small cell lung cancer receiving pembrolizumab plus platinum and pemetrexed

著者 Hisao Imai, Satoshi Wasamoto, Takeshi Tsuda, Yoshiaki Nagai, Takayuki Kishikawa, Ken Masubuchi, Takashi Osaki, Yosuke Miura, Yukihiro Umeda, Akihiro Ono, Hiroyuki Minemura, Yutaka Yamada, Junichi Nakagawa, Yuki Kozu, Hirokazu Taniguchi, Hiromitsu Ohta, Takashi Kasai, Kyoichi Kaira, Hiroshi Kagamu.

非扁平上皮型非小細胞肺癌患者におけるプラチナ製剤+ペメトレキセド+ペムブロリズマブ併用療法(Pemb-Plt-PEM)への予後を予測するため、Glasgow Prognostic Score(GPS)、好中球リンパ球比(NLR)、Body mass index(BMI)を検討した。

2018年12月から2020年12月までの13施設で初回治療を受けた236例を対象に、GPS、NLR、BMIの予後指標としての有用性を評価しCox比例ハザードモデルとKaplan-Meier法を用いて無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)を検討しました。

全体の奏効割合は51.2%で、Pemb-Plt-PEM開始後のPFS中央値は8.8ヵ月(95%CI:7.0-11.9)、OS中央値は23.6ヵ月(95%CI:18.7-28.6)。NLRはPFSおよびOSを予測し、NLR <5の患者集団はNLR ≥5の患者集団に比較しPFS(12.8 vs 5.3ヵ月、p = 0.0002)およびOS(29.4 vs 12.0ヵ月、p <0.0001)が良好であった。

結論として、NLRはPFSとOSを予測することが示されNLRが非扁平上皮型非小細胞肺癌患者における予後予測因子となる可能性がある。

Thorac Cancer. 2023 Jul 19. doi: 10.1111/1759-7714.15036.

関連リンク
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37469246/
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/1759-7714.15036